CT ステータスを変更する

PUT
https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/{{order_id}}/ct-status

このエンドポイントを使用するには、CT お使いのアカウントについて CT ログ記録を有効にし、証明書ごとの CT ログ記録オプションを有効にする必要があります。(「ユーザーが CT ログから外れることを許可する」を参照してください。)

このエンドポイントを使用して、オーダーの CT ログ記録ステータスを変更します。

このエンドポイントを使用して、発行済証明書の CT ログ記録ステータスの変更を開始する前に、これらの証明書を即時および自動再発行する適切なプロセスが整っているかを確認します。このプロセスがあることで混乱が緩和されていること、および証明書の CT ログ記録ステータスが最新バージョンの発行済証明書との同期を保証できることを確認します。証明書は一度パブリック CT ログに記録されると、表示されないので、注意してください。証明書を再発行し、再発行バージョンを CT ログから外すことができますが、元または以前発行バージョンの証明書もそのまま残ることになります。

cURL
curl -X PUT \
  'https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/{{order_id}}/ct-status' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'X-DC-DEVKEY: {{api_key}}' \
  -d '{
    "disable_ct": true
}'
Python
import requests

url = "https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/{{order_id}}/ct-status"

payload = "{\n    \"disable_ct\": true\n}"
headers = {
    'X-DC-DEVKEY': "{{api_key}}",
    'Content-Type': "application/json"
    }

response = requests.request("PUT", url, data=payload, headers=headers)

print(response.text)
Go
package main

import (
	"fmt"
	"strings"
	"net/http"
	"io/ioutil"
)

func main() {

	url := "https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/{{order_id}}/ct-status"

	payload := strings.NewReader("{\n    \"disable_ct\": true\n}")

	req, _ := http.NewRequest("PUT", url, payload)

	req.Header.Add("X-DC-DEVKEY", "{{api_key}}")
	req.Header.Add("Content-Type", "application/json")

	res, _ := http.DefaultClient.Do(req)

	defer res.Body.Close()
	body, _ := ioutil.ReadAll(res.Body)

	fmt.Println(res)
	fmt.Println(string(body))

}
NodeJS
var request = require("request");

var options = { method: 'PUT',
  url: 'https://www.digicert.com/services/v2/order/certificate/{{order_id}}/ct-status',
  headers: 
   { 'Content-Type': 'application/json',
     'X-DC-DEVKEY': '{{api_key}}' },
  body: { disable_ct: true },
  json: true };

request(options, function (error, response, body) {
  if (error) throw new Error(error);

  console.log(body);
});
204 No Content
// empty

申請パラメータ

名前 申請/オプション 種別 説明
disable_ct 必須 bool CT ログ記録を無効にする場合に指定します。
  • false — CT ログ記録が有効になります (証明書がパブリック CT ログにログ記録されます)
  • true — CT ログ記録が無効になります (証明書はパブリック CT ログにログ記録されません