DigiCert オーダー ID

GET
https://www.digicert.com/services/v2/oem-migration/{{legacy_order_id}}/order-id

このエンドポイントを使用して、移行済レガシー SSL/TLS 証明書オーダーの DigiCert 証明書オーダー ID を取得します。legacy_order_id は Symantec または GeoTrust* SSL/TLS 証明書オーダー ID です。

*お客様がパートナーの場合は、GeoTrust SSL/TLS 証明書オーダーの Symantec オーダー ID にアクセスする必要はありません。ただし、GeoTrust オーダー ID を使用して、移行済 GeoTrust 証明書オーダーの DigiCert オーダー ID を使用することができます。

有効作動している、パブリック SSL/TLS 証明書オーダーを新しい CertCentral アカウントに移行する場合、当社では各移行済レガシー証明書オーダーに一意の DigiCert オーダー ID を割り当てます。詳細は、「ドメインと証明書移行について確認が必要なこと」 を参照してください。

cURL
curl -X GET \
  'https://www.digicert.com/services/v2/oem-migration/{{legacy_order_id}}/order-id' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'X-DC-DEVKEY: {{api_key}}'
Python
import requests

url = "https://www.digicert.com/services/v2/oem-migration/{{legacy_order_id}}/order-id"

payload = ""
headers = {
    'X-DC-DEVKEY': "{{api_key}}",
    'Content-Type': "application/json"
    }

response = requests.request("GET", url, data=payload, headers=headers)

print(response.text)
Go
package main

import (
	"fmt"
	"net/http"
	"io/ioutil"
)

func main() {

	url := "https://www.digicert.com/services/v2/oem-migration/{{legacy_order_id}}/order-id"

	req, _ := http.NewRequest("GET", url, nil)

	req.Header.Add("X-DC-DEVKEY", "{{api_key}}")
	req.Header.Add("Content-Type", "application/json")

	res, _ := http.DefaultClient.Do(req)

	defer res.Body.Close()
	body, _ := ioutil.ReadAll(res.Body)

	fmt.Println(res)
	fmt.Println(string(body))

}
NodeJS
var request = require("request");

var options = { method: 'GET',
  url: 'https://www.digicert.com/services/v2/oem-migration/{{legacy_order_id}}/order-id',
  headers: 
   { 'Content-Type': 'application/json',
     'X-DC-DEVKEY': '{{api_key}}' } };

request(options, function (error, response, body) {
  if (error) throw new Error(error);

  console.log(body);
});
200 OK
{
    "id": 1234
}

応答パラメータ

名前 種別 説明
id string DigiCert 証明書オーダー ID DigiCert 証明書オーダー ID
注意:GeoTrust 証明書オーダー ID を使用する場合、当社ではもっとも最近の DigiCert 証明書オーダー ID を返します。