証明書を失効にする

PUT
https://www.digicert.com/services/v2/certificate/{{certificate_id}}/revoke

失効申請はすべて、DigiCert がその証明書を失効にする前に、管理者が承認しなければなりません。この承認ステップは必須で、スキップすることはできません。

このエンドポイントを使用して、オーダーについて1つの証明書を失効にする申請を提出します。

オーダー全体を失効にする申請を提出する場合、 [オーダー証明書を失効にする]エンドポイントを使用します。

保留中の再発行オーダー付き証明書は、失効にすることができません。保留中の再発行付き証明書を失効にするには、再発行申請をキャンセルするか、再発行が完了した後で証明書を失効にします。

証明書が1つしかないオーダーの証明書を失効にすると、どうなりますか?

証明書が1つしかないオーダーで証明書を失効にする場合:

  • オーダーはまだ有効です
  • そのオーダーでの証明書の再発行はまだ可能です。
  • 1つのオーダーで失効した証明書については、返金はできません。

そのオーダーで証明書を再発行する予定がない場合は、[オーダー証明書を失効にする]エンドポイントを使用して、そのオーダーを失効にする申請を提出します。

cURL
curl -X PUT \
  'https://www.digicert.com/services/v2/certificate/{{certificate_id}}/revoke' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'X-DC-DEVKEY: {{api_key}}' \
  -d '{
  "comments": "I no longer need this cert."
}'
Python
import requests

url = "https://www.digicert.com/services/v2/certificate/{{certificate_id}}/revoke"

payload = "{\n  \"comments\": \"I no longer need this cert.\"\n}"
headers = {
    'X-DC-DEVKEY': "{{api_key}}",
    'Content-Type': "application/json"
    }

response = requests.request("PUT", url, data=payload, headers=headers)

print(response.text)
Go
package main

import (
	"fmt"
	"strings"
	"net/http"
	"io/ioutil"
)

func main() {

	url := "https://www.digicert.com/services/v2/certificate/{{certificate_id}}/revoke"

	payload := strings.NewReader("{\n  \"comments\": \"I no longer need this cert.\"\n}")

	req, _ := http.NewRequest("PUT", url, payload)

	req.Header.Add("X-DC-DEVKEY", "{{api_key}}")
	req.Header.Add("Content-Type", "application/json")

	res, _ := http.DefaultClient.Do(req)

	defer res.Body.Close()
	body, _ := ioutil.ReadAll(res.Body)

	fmt.Println(res)
	fmt.Println(string(body))

}
NodeJS
var request = require("request");

var options = { method: 'PUT',
  url: 'https://www.digicert.com/services/v2/certificate/{{certificate_id}}/revoke',
  headers: 
   { 'Content-Type': 'application/json',
     'X-DC-DEVKEY': '{{api_key}}' },
  body: { comments: 'I no longer need this cert.' },
  json: true };

request(options, function (error, response, body) {
  if (error) throw new Error(error);

  console.log(body);
});
201 Created
{
  "id": 1,
  "date": "2016-02-10T17:06:15+00:00",
  "type": "revoke",
  "status": "pending",
  "requester": {
    "id": 14,
    "first_name": "John",
    "last_name": "Smith",
    "email": "john.smith@digicert.com"
  },
  "comments": "I no longer need this cert."
}

申請パラメータ

名前 申請/オプション 種別 説明
comments 任意 string 失効申請についてのメッセージ

応答パラメータ

名前 種別 説明
id int 申請 ID
date string 申請提出時のタイムスタンプ
形式:UTC タイムゾーンと ISO 8601 日付
type string 申請タイプ
可能な値:revoke
status string 失効申請のステータス
可能な値:submitted,pending,approved,rejected
requester object 申請を行ったユーザーについての詳細
「構造 — ユーザー詳細オブジェクト」を参照してください。
comments string 失効申請についてのメッセージ