SAML エンティティ詳細

GET
https://www.digicert.com/services/v2/account/saml-entity

このエンドポイントを使用して、お使いのアカウントについて、SAML エンティティ詳細を取得します。SAML エンティティが設定されていない場合、このエンドポイントは JSON オブジェクトを返して同オブジェクトを空にします。

cURL
curl -X GET \
  https://www.digicert.com/services/v2/account/saml-entity \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'X-DC-DEVKEY: {{api_key}}'
Python
import requests

url = "https://www.digicert.com/services/v2/account/saml-entity"

payload = ""
headers = {
    'X-DC-DEVKEY': "{{api_key}}",
    'Content-Type': "application/json"
    }

response = requests.request("GET", url, data=payload, headers=headers)

print(response.text)
Go
package main

import (
	"fmt"
	"net/http"
	"io/ioutil"
)

func main() {

	url := "https://www.digicert.com/services/v2/account/saml-entity"

	req, _ := http.NewRequest("GET", url, nil)

	req.Header.Add("X-DC-DEVKEY", "{{api_key}}")
	req.Header.Add("Content-Type", "application/json")

	res, _ := http.DefaultClient.Do(req)

	defer res.Body.Close()
	body, _ := ioutil.ReadAll(res.Body)

	fmt.Println(res)
	fmt.Println(string(body))

}
NodeJS
var request = require("request");

var options = { method: 'GET',
  url: 'https://www.digicert.com/services/v2/account/saml-entity',
  headers: 
   { 'Content-Type': 'application/json',
     'X-DC-DEVKEY': '{{api_key}}' } };

request(options, function (error, response, body) {
  if (error) throw new Error(error);

  console.log(body);
});
200 OK
{
  "id": "11223",
  "account_id": "123456",
  "xml_metadata": "{{idp_xml_metadata}}",
  "source_url": "{{source_url}}",
  "idp_entity_id": "{{idp_entity_url}}",
  "attribute_mapping": "{\"username\":\"NameID\"}",
  "friendly_name": "Your Company, Inc.",
  "friendly_slug": "your-company-inc",
  "date_created": "2017-06-24 13:24:58",
  "last_signon_date": "2019-01-13 14:36:49",
  "username_attribute": "NameID",
  "type": "login"
}
200 OK (SAML not enabled)
{}

応答パラメータ

名前 種別 説明
id string SAML エンティティの ID
account_id string アカウント ID
xml_metadata string 指定したダイナミック URL から収集した、または手動入力した SAML XML メタデータ
source_url string XML メタデータを収集できる IdP サービス向けの URL
URL が XML メタデータを動的に数週するのに使用される場合のみ、返されます。
idp_entity_id string XML メタデータから解析した IdP エンティティ URL
attribute_mapping string CertCentral ユーザーを SAML SSO ユーザーにマッピングするのに使用する属性
friendly_name string お使いの SSO サインオンページに使用する表示名この値は、分かりやすいスラグの生成にも使用されます。
friendly_slug string 分かりやすい名前のスラグバージョン
この値は、SAML SSO URL を作成するのに使用します。
date_created string SAML エンティティ作成時のタイムスタンプ
形式:yyyy-MM-dd HH:mm:ss
last_signon_date string 最終 SAML SSO 使用時のタイムスタンプ
形式:yyyy-MM-dd HH:mm:ss
username_attribute string CertCentral ユーザーを SAML SSO ユーザーにマッピングするのに使用する属性名
type string SAML エンティティタイプ