Report library API

Report library API では、お持ちの証明書の管理に役立つデータを含む、予約レポートの作成、構成および読み取りができます。

なぜ、使用するのでしょうか?

  • 証明書データを必要なときに表示するレポートを作成及び予約します。
  • レポートの修正が速やかで簡単です。
  • カスタムレポートを便利に、プログラムにしたがって読み取ります。
  • レポートをレポート属性に基づいてフィルタリングします。

ベース URL

https://api.digicert.com/reports/preview/

要求

すべての API 要求は、RESTful URL を経由して、ヘッダベースの認証および JSON/XML 要求タイプを含め、REST 機能を使用して提出されます。

要求に対するデータ文字セットエンコーディングは UTF-8 です。整形式の要求は、ポート 443 を使用し、ユーザー・エージェントおよび content-length ヘッダが指定されています。

方法

  • GET
  • POST
  • PUT
  • DELETE

本体

要求のほとんどでは、JSON または XML 形式データのパスが必要です。エンドポイントが別の形式をサポートしている、あるいは必要とする場合は、そのエンドポイントについて注記が付きます。

サポート対象の content-type 値には以下が含まれます。

  • application/json
  • application/xml
  • image/jpeg
  • image/png

応答

応答はヘッダと本体で構成されます。本体は、要求で指定された content-type に基づき、形式されます。

HTTP ヘッダ応答コードについての詳細は、用語集 – ヘッダ を参照してください。

現在の API リスト